HOME> 最新ニュース一覧 > 阪和自動車道 岸和田SA(下り線)~「畿央大学」×「岸和田SA(下り線)」メニュー開発プロジェクト~

最新ニュース

ショップニュース 関西エリア

阪和自動車道 岸和田SA(下り線)~「畿央大学」×「岸和田SA(下り線)」メニュー開発プロジェクト~

2016年10月25日

㈱近鉄リテーリングでは平成26年から畿央大学との産学連携に取り組んでおり、
本年(平成28年)は第3弾として奈良県の特産品である「ヤマトポークを使用した丼ぶり」をテーマに
創作メニューコンテストを実施しました。

畿央大学健康栄養学科2年生の10チーム36名が本プロジェクトに参加し、審査会で特別賞を受賞した、
「ヤマトポークのトントン丼」、「1度で2度美味しい一石二豚丼」を岸和田SA(下り線)のレストランにて販売しております。
この機会に、岸和田サービスエリア(下り線)にお立ち寄りいただき、ぜひとも畿央大学生の考案メニューをご賞味下さい。

※また、審査会でグランプリを獲得した「ヤマトポークねばねばアボカ丼」を香芝SA(上り線)、
準グランプリメニュー「まほろば大和のうるわし豚丼」を香芝SA(下り線)のフードコートにて、
平成28年10月からそれぞれ販売しております。(詳細はこちら

販売エリア

阪和自動車道 岸和田サービスエリア(下り線)

販売商品

 特別賞受賞メニュー ☆
 
ヤマトポークのトントン丼
900円
 
1度で2度美味しい一石二豚丼
900円
ヤマトポークのスライスと、玉ねぎ、茄子、パプリカを豆板醤ベースのタレで炒めたものと、味付けしたヤマトポークのミンチと、温玉を丼にトッピングしたボリュームのある丼です。この丼でビタミンCや、ビタミンB2が1日に必要な量の約半分を摂取できます。畿央大学の管理栄養士を目指す学生さん達が開発した、「ガッツリ、ヘルシー、おいしい」メニューです。   ヤマトポークのスライスと、もやし、玉ねぎ、キャベツ、人参などを和風の特製タレで炒めトッピングしています。付属の汁物は、和風だしに卵を溶いたあんかけスープで、そのまま飲んでいただいても良いのですが、丼を半分お召し上がりいただいてから、御飯にかけていただくと、また違った味になり変化を楽しんでいただけます。ビタミンC、カリウム、鉄分がバランスよく摂れ、塩分控えめのメニューです。畿央大学の管理栄養士を目指す唯一の男子学生さん達が開発した、ガッツリ満足感が味わえるメニューです。
     
     
 
   

 

 

  
 
  
 
  
 
 
 
  
 

 

 

広告

インフォメーション

関連リンク