HOME> 最新ニュース一覧 > 山陽自動車道 福山サービスエリア(下り線/広島方面)高校生レストラン「まごの店」大盛況のうち終了!

最新ニュース

その他 中国エリア

山陽自動車道 福山サービスエリア(下り線/広島方面)高校生レストラン「まごの店」大盛況のうち終了!

2019年2月20日

福山市が主催するイベントで、山陽道 福山SA(下り線)にて、2月16日(土)から17日(日)の2日間限定でテレビドラマのモデルにもなった三重県相可高校調理クラブの生徒が運営する高校生レストラン「まごの店」が開店しました。




















朝早くからレストランの厨房内で真剣に仕込み作業をする高校生




2月16日(土)10時からは、“食育のカリスマ”の相可高校の村林先生による「食を通じて“まち”を育てる」をテーマにした講演会が開催。開演前にはレストラン内の会場がほぼ満席になり、先生の「村林流教育術」についてユーモアを交えながら熱く語っていただきました。
そしてオープン前には、生徒さんたちによる「朝礼」が行われ、「いらっしゃいませ!」と元気な声が店内に響き渡りました。


今回提供されたのは、
相可高校考案のメニュー「花御膳(¥1,500)」2日間で1日限定150食。
福山市の新鮮な野菜や魚、お肉を使って高校生が丹精込めて調理した本格的な和食御膳です。
11時からのオープンと同時にほぼ満席状態でレストランの外にも順番待ちの行列ができ、前売券100枚はすべて完売。当日券もお昼過ぎには完売。
2日目も12時頃には当日券が完売してしまうほどの大盛況で終了しました。
お食事後のお客さまに感想を伺ってみると、「本当に美味しかった」と皆さま言っていただきました。

福山市ばらのイメージキャラクター「ローラちゃん」と福山市の地産地消のキャラクター「チッチ」も会場を盛り上げるために駆けつけてくれました。



















これからも、お客さまと地域の皆さまにとって「ふれあいの場」となる賑わいのあふれる楽しい空間づくりを目指していきます。









インフォメーション・お知らせ

関連リンク